投資を始めるメリット3つ

今回は投資を始めるメリット3つについて紹介したいと思います。
日本人の平均寿命が伸び続けていること、もらえる退職金が減っていること、働き方の多様化などによって、高齢者になった時に年金だけで生活費の全てを賄うのは難しいと金融庁は発表しました。

政府が2019年に老後には2000万円不足すると発表してから、若いうちからシニアライフまでの間に資産形成をすることを奨励しました。
そちらの具体的な方法として挙げられたのが積み立て投資です。

簡単に言うと、若くバリバリ働ける間に真面目に働き、そして節約してお金を貯めましょう。そして余剰として銀行に余ったお金を、長期的な資産運用として積み立て投資に回しましょう。ということです。

では今回は、投資を始めるメリットを紹介します。

まず1つ目に投資だと資産を効率よく増やすことができます。
1985年代のバブル期だと、お金を銀行に預けるだけで、利息は年5.5%もありました。しかし2022年現在の普通預金の金利はわずか0.001%です。

今の時代は昔と違い銀行にお金を預けているだけで、お金が増えることはありません。
一方、政府が推奨している「積み立てNISA」で資産を運用した場合、1年間、毎月1万円を想定利回り(年率)3%運用できたとすると、12万円が1年後には12万2000円になります。30年間続けると複利の力が働いて、さらに雪だるま方式に資産は大きくなっていくと予測されます。

もちもん、時にはさまざまな世界情勢を受けて利回りが、下がったり元本が割れる可能性もありますが、長期間、投資を続ける場合には結果的に経済市場は毎年徐々に拡大していくことから、資産は増えると言われています。

投資は、難しくて危ないギャンブル性の高いものと思う方もいると思いますが、パチンコや競馬、怪しいビジネスの詐欺とは全く別物です。
投資については多くの書籍やYouTubeで簡単に学ぶことができるのでオススメです。

2番目の投資を始めるメリットとして、投資は労働ではなくお金にお金を働かせることができる手段ということです。
日本人の多くが、お金を稼ぐと言うと、会社で正社員として労働したり、副業で自分の持っているスキルを売ることを想像しますよね。

しかし、投資は、労働で稼ぐお金ではありません。
投資は自分のお金がお金を稼ぐ不労所得になります。ですので将来、病気やけがで働けなくなった時、投資をしていると労働をせずに済むメリットがあります。

3番目の投資のメリットとして初期費用を少額から始めることができます。
投資と言うとお金持ちしか始めることができないと思われがちですが、違います。
例えば「楽天証券」は月々100円からでも始めることができます。

気軽に口座を開設することができ、手持ちのスマホのアプリで操作が可能です。楽天証券はユーザーからの口コミや評判も良く、証券総合口座数は700万人を突破しています。
ですので、本当に気軽に誰でも投資を始めることができます。

以上3点が、投資を始めるメリットです。
投資は投資期間が長ければ長いほど得られるメリットも多くなるので、老後に備えて資産を効率よく増やしたい人は今すぐにでも始めることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました